ゴールデンエイジ・キックボクシング部門ルール

IMG_5624

【キック部門ルール】

今大会からAルール、Bルールの2種類になります。

1.【Aルール3分×2R】【Bルール2分×2R】ともに インターバル1分
※Bルールはビギナー(格闘技歴が1年未満または試合に出たことがない方のみとなります)

2.防具(貸出):ヘッドガード(バー無し)
グローブ14オンス(赤or青)
レガース(赤or青)

3.防具(自己)ニーパット(膝当て)
ファウルカップ
マウスピース
バンテージ(任意)

4.服装   上半身 :裸、ラッシュガード
下半身 :ハーフパンツ(膝丈以上)
シューズ:裸足
※ワンポイント(5×5㎝)以上の刺青、タトゥーがある場合は必ずラッシュガードを着用してください

5.判定  :全てのラウンドの印象で勝敗を決定する
トータルラウンドマストシステム。
3名のジャッチにより判定され
2票以上獲得したものが勝者。

▼ダウンの基準
安全性を優先する為に今回の大会ではダウンを早めにとります。3発以上まともに攻撃をもらった場合、スタンディングダウンを取ります。ガードの上であっても打ち返せ無い状態が続いた場合(スタミナ切れも含めて)スタンディングダウンを取ります。
2ノックダウン制
1ラウンド合計のダウン数が2回あった場合に試合を終了します。ダメージが大きい、スタミナが切れて試合続行が難しいと判断した場合は1回目のダウンでも即時試合を終了します。

▼判定基準
全てのラウンドの攻守の印象で勝敗を決定する。トータルラウンドマストシステムを採用

▼採点基準
1、有効なクリーンヒット
2、積極的な攻撃姿勢
3、リングジェネラルシップ(主導権支配)
4、ディフェンス(防御技術)
5、ファイティングスピリッツ&ジェントルマンシップ
※以上、5点を持って採点の基準といたします。

【10対10】今大会では積極的に10対9をつけ勝敗を決定するとジャッチ陣と申し合わております。
【10対9】お互いにダメージは無いが片方の選手がやや上回り主導権を握っている場合。

【10対8】ダメージは無いが技術差やスタミナ切れなどでやや劣勢に回っている場合。

【10対7】ダウン、それに近い状態で優勢な場合。ラウンドの途中にダウンした場合、即時試合を止めるが、インターバル、試合終了とダウンが重なった場合は判定基準になる。

※反則の減点分をジャッチ3名全員のスコアからマイナスします。
例)10対9、10対9、10対9で赤コーナーが優勢だったが、赤コーナーの選手には反則により減点1があったので、9対9、9対9、9対9となった。同点の場合、反則を行った方を負けとなるので、青コーナーの勝利になった。

▼審判員について
ジャッチ3名で採点します。レフリーは試合をさばくことに集中して頂くために採点はしません。

▼ディフェンスを判定基準に
判定において、ディフェンスが評価されるのは、1、有効なクリーンヒット、2、積極的な攻撃姿勢、そのどちらでも優劣が付かない場合に、相手の攻撃を無効にするディフェンス技術が評価されます。

▼
技術と体力で差が認められない場合、礼儀正しさ。気合の入り方。落ち着き具合など、心の強さも判定基準に加味します。心技体すべてが判定基準です。

▼有効な攻撃部位と攻撃箇所
1、ナックルパート(拳)を使った上半身前面と上半身側面への攻撃
2、スネ(レガース着用部)を使った上半身前面と上半身側面への攻撃
3、膝(ニーパット着用部)を使った腹部前面と側面への攻撃
4、足底、足裏全体を使った腹部前面と側面への攻撃

▼有効な攻撃

1、頭部(前面、側面)
・ジャブ
・ストレート
・フック
・アッパー
・ハイキック(頭部への回し蹴り)

2、腹部(前面、側面)
・ジャブ
・ストレート
・フック
・アッパー
・ミドルキック(腹部への回し蹴り)
・サイドキック
・前蹴り
・ヒザ蹴り

3、脚部
・太腿外側への回し蹴り(ローキック)
・太腿内側への回し蹴り(インロー)

▼反則行為(故意と認められる場合は即失格)
1、バックブロー(裏拳)で攻撃する。
2、オープンブロー(掌底)で攻撃する。
3、肘で攻撃する。
4、頭突きで攻撃する。
5、サミング(親指で相手の目を突く攻撃)
6、ローブロー(金的への攻撃)
7、後頭部への攻撃
8、膝関節正面へのカカトを使った蹴り
9、首相撲(※1)
10、投げ技、タックルなどのレスリング行為。
11、足払い、外掛け
12、膝から下への回し蹴り
13、相手を掴み続ける行為(自発的なクリンチ)
14、ロープを握った状態で固定して攻撃する。
15、頭部へのハイキック以外の蹴り(※2)
16、スピン系の攻撃(※3)
17、カカトを使った蹴り技(※4)
18、倒れこむ可能性が高い蹴り技(※5)
19、故意に寝ころぶこと
20、ダウンした相手を攻撃すること
21、レフリーのブレイク中に攻撃すること。
22、スポーツマンシップ則っていない行為。
23、蹴り足をつかむ行為。つかんで攻撃する行
24,顔面への膝蹴り

(※1)首相撲禁止
・相手を両手で固定してのヒザ蹴りは禁止。
・相手を掴まないヒザ蹴り(テンカオ)は有効。
・片手で引っ掛けてのヒザ蹴りは1発まで有効。
・さば折り禁止

(※2)頭部への回し蹴り以外のの蹴り
・頭部へのヒザ蹴り
・頭部への前蹴り
・頭部へのサイドキック
以上3点、全て禁止です。

(※3)スピン系の攻撃
・後ろ回し蹴り
・回転後ろ蹴り
・回転バックブロー
以上3点、全て禁止です。

(※4)カカトを使った蹴り
・カカト落とし
・後ろ回し蹴り
・カカトを使ったローキック
・踵を使った膝関節正面への蹴り
※腹部への前蹴りは足底や足裏全体を使った攻撃とみなし有効

(※5)倒れこむ可能性が高い攻撃
・胴回し回転蹴り
・カポエラキック
倒れこみながらの攻撃

▼反則
減点1(口頭注意)カード提示なし
減点2(厳重注意)イエローカード提示
減点3(失格負け)レッドカード提示
※尚、レフリーが悪質であると判断した場合、一回目から失格負けとする。

▼即時失格負け
1、故意に反則する。
2、対戦相手に対して敬意を払わない。
3、レフリーに対して敬意を払わない。

【ゴールデンエイジ2017ではまだまだ選手募集中!】

大会要項はこちらこちらをクリック

↓↓↓

ゴールデンエイジ2017大会要項

ポスター

▼申し込み方法

お申し込みはこちらをクリック

メールが立ち上がらない場合はこちらのアドレスから直接お申し込みください
↓↓↓
dojo@para-h.com

▼申し込み用のテンプレート
ふりがな:
氏  名:
生年月日:
年 齢:
住  所:
電  話:
身 長:
体 重:
体脂肪率:
練習頻度:
所属ジム:
競技歴 :
大会実績:
健康状態:
参加部門:
階  級:
※必ずパンフレット用の写真を添付してください。

IMG_5125